FC2ブログ
        

Dragon Force - (2017) Reaching Into Infinity

2017/ 05/ 31
                 
Dragon Force - Reaching Into Infinity


メロスパーならば知らぬ者はいないであろう、超エクストリームなメロスピを体現するDragon Forceの2017年の最新作。

実はワタクシ、Dragon Forceにはこれっぽちも興味がありませんでした。
というのは、メロスパーを自覚していた頃に1st「Valley Of The Damned」から3rd「Inhuman Rampage」までリアルタイムで聴いていました。

その結果として、全く琴線に触れなかったのです。
それが何故なのか?というのは、この最新作を聴いて何となく理由がわかりました。

1stから3rdまでのDragon Forceの印象は、ド派手でエクストリームなメロスピというものでした。
元々、速い曲好きだったんですが、このバンドは自分にとって速すぎました。
それは疾走感を感じさせないぐらいのテンポであり、それはデスメタルやブラックメタルの領域まで踏み込んでいました。

しかし、速さを究極まで突き詰めるこのバンドにも、シンガー交代という転機に大きな変化が訪れます。

交代直後の作品では、これまで「エクストリームな疾走曲」と「バラード」という2系統の曲しかない不文律を破り、様々なスタイルの楽曲を収録するようになりました。
もちろん、旧来の作風の楽曲も収録しながらです。

そうなってからの3作目が本作です。

元々聴いてみようと思ったのは、日本のR&Rバンド「Ziggy」の大ヒット曲である「Gloria」がカヴァーされると発表されたからです。
Ziggyは大好きなバンドなので、正直それ目当てでした(笑)

そして、聴いてみて驚きました。
今までと違う!

イントロから導かれる事実上の1曲目である「Ashes Of The Dawn」は勇壮なメロディがイントロに配されたパワーメタルナンバーであり、過去のエクストリームな速さではなく、力強い疾走を感じさせるナンバーで、今までの印象とは全く違う。
シンセも近年既にひとつのジャンルとして定着した「シンフォメタル」を感じさせるスケール感を感じさせるアレンジを施してあり、かつての「めまぐるしいハチャメチャな疾走感」を感じさせない成熟したバンドの姿を見せてくれています。

ま、それでもそこいらのバンドに比べれば充分速いんですが(笑)

もちろん、「Judgement Day」「Astral Empire」「Midnight Madness」「Land Of Shattered Dreams」辺りは、旧来のドラフォスタイルというべき曲調です。

ですが、個人的にはやはり「今までと違う」と感じた「Ashes Of The Dawn」「Curse Of Darkness」「Our Final Stand」「Hatred And Revenge」辺りが気に入りました。
彼らなりのスラッシュ「War!」もいいですね。

で、なぜ昔の印象と随分変わっているのか?

それは、おそらくギターソロだと思います。

デビュー時は「様式美」「構築美」という言葉とは程遠い、ド派手な俗に言う「フラッシー」なギターソロが多かったように感じます。
しかし、今作の自分が気に入ったソロは、派手さメインのフレーズもありますが、それなりに展開を考えて作られているように感じます。
個人的にはそういう「メロディアス」「クサい」「構築美」と形容されるフレージングの方が圧倒的に好きですし、印象に残ります。

しかも、元々の作曲能力は群を抜いて高いバンドです。
テンポを落とす事により、聴かせどころが分かり易くなったと思うし、印象的なフレーズがキャッチーさを倍増させていると思います。

まさか、今こんなバンドになっているとは思いませんでした。
本当に食わず嫌いはいけませんね。
とりあえず、シンガーが変わってからのアルバム2枚も聴いてみようと思います。

あ、Gloriaも良いですよ。
原型、全くありませんが(笑)
スポンサーサイト



                 

コメント