FC2ブログ
        

2017年の総括

2017/ 12/ 31
                 
大晦日です。
格闘技番組見ながら書いてます。
今年ももう終わりですね。
早いなあー。


■2017年ベスト

年始には「Kreator / Gods Of Violence」というスラッシュの名盤が登場し、いきなりのベストアルバム候補と思いましたが、それ以外にも良い作品が沢山出た、いわゆる当たり年だと思います。

Accept / The Rise Of Chaos
Battle Beast / Bringer Of Pain
Beast In Black / Berserker
Firewind / Immortals
Kreator / Gods Of Violence
Serenity / Lionheart

Concerto Moon / Tears Of Messiah
Galneryus / Ultimate Sacrifice
Kelly Simonz / Overture Of Destruction
Silex / Arise
The Uncrowned / Tears
Volcano / Leviathan

国内外、共に6枚ずつ選出。

国外では、2017年後半に登場したBeast In Blackがやはり印象深いですね。
ソングライティングの巧みさ、ギターの技巧、シンガーの力量等、割と圧倒的な感じです。
Battle Beastも良かったけど、メタル本来の力強さみたいな点でBeast In Blackの方が好きです。
メロスピに振り切ったFirewind、壮麗系シンフォメタル筆頭のSerenityも共に素晴らしかったです。
Accept、Kreatorもロートル臭皆無の素晴らしい作品でした。

国内作品だと、The Uncrownedが一番印象に残っています。
3曲入りシングルですが、素晴らしい作品です。
Galneryusは前作に引き続き素晴らしい作品で、前作も含め小野さんに代わってから一番好きです。
それ以外は僕の愛するアーティストさん達が、2017年にこぞって作品を出してくれました。
嬉しい限りですが、次から次へと出る感じなので聴きこむのが大変。
嬉しい悲鳴ってやつです。


次点は以下。

Air Raid / Across The Line
Amberian Dawn / Darkness Of Eternity
Blazon Stone / Down In The Dark
Dragon Force / Reaching Into Infinity
Overkill / The Grinding Wheel
Rachel Mother Goose / Tokiwa No Sai

思いのほか、ドラフォが良かったです。
古くて新しいBlazon Stoneも印象が良く、結構リピートしました。
メタルを聴き始めた時に買ったRunning Wildを思い出しました。
つか、そのRunning Wildのアルバムで最初に聴いたのって、まさしく「Blazon Stone」だったりw


旧作で購入した物だと、印象に残っている物だと、

Mahatma / Re:generation
The Uncrowned / Revive
竜舌蘭 / 朔ノ夜

Mahatmaのプログレメタルにイノセントなシンガーで、自分の好みにズバリでした。
コテコテのシンガーも好きなんですが、こういうシンガーも好きですw
竜舌蘭は自分のバンド活動で対バンしたのですが、ミクスチャー的でもありながらしっかりメタルに軸足があって、新鮮でかっこよかったです。

このブログを書くために「2017」でフォルダ検索をしたところ、80枚くらいのタイトルが出てきました。
旧作もぼちぼち購入してるから、年間トータル100枚いくかいかないかぐらいを聞いたのでしょうか。
そんなに聴いたっけ?って思いますが、データが残っている以上そうなんでしょう。
どうりで貯金があんまりできてないはずだwww


■自分の音楽活動

すっかり作る作る詐欺となっている音源制作ですが、牛歩ながら進んでおります。
現状では3曲入りシングルを目指して作成中。
ベースの録音は一応終わっているので、今はギター待ちです。
ダメ系バンド時代からつきあいのあるギタリストに依頼し、ギター待ちの状態です。
断片的に聴かせてもらっているんですが、そのクオリティに自分が一番ワクワクしていますwww

そして、年始より突如始めた様式美メタルバンドMoonlit Lazyが、思いのほか活動的でした。
まさか、3回もライブするとはwww

京都山科のイングヴェイことタニブチ氏にネットのメン募で誘われて加入したこのバンド。
いつのまにかオリジナル曲も7曲できて(内2曲は僕の曲)、来年も2月にライブする予定です。
それ前後にはアー写も撮影しようとか、40歳目前にして突如やる気満々な感じになっております。
お暇があれば是非観に来てください。

そういや、「一応」ダメ系バンドであるRaging Porkも2月にライブしました。
まさかのピック弾きしましたが、今はもう指弾きに戻しましたwww



というわけで、今年はこんな感じでした。
来年は仕事で管理者候補の研修を受講したりするので、忙しいのは間違いないのですが、まあぼちぼち音楽を聴いて演奏して録音していきたいと思います。

では、皆様良いお年を。
                 
        

Rhapsody 20th Anniversary Farewell Japan Tour 2017 Live Report

2017/ 11/ 10
                 
7415106.jpeg


シンフォニックメタルの巨星、Rhapsodyのデビュー20周年(でいいのか?)であり、初期の中心メンバーのリユニオンツアーの大阪公演に行ってきました。

知らない人の為に書きますと、Rhapsodyとはイタリアで結成されたメタルバンドであり、1997年にCDデビューしています。
それまでも数多くあった「オーケストラとメタルの融合」を完全な形で世界に知らしめたバンドであり、1997年のデビュー以降に多くのフォロワーを産む事になります。
2000年代に多くのメロパワ・メロスピバンドがデビューしたのは、このRhapsodyの存在によって「自分達もこんなバンドがやりたい」と思った若者が多かったに違いありません。

なお、この1997年のデビューを畏敬の念をこめて、こう讃えております(個人的にw)。


「Rhapsodyショック」


本当に凄かったんです、1stアルバム「Legendary Tales」を聴いた時に受けた衝撃は!
僕は既にメタルを聴いていましたが、元々V系やポップスも聴いていて、ぞれらは自分の中では同列かメタルに比重が大きい程度だったんです。
ところが、このRhapsodyを聴いて以降、自分の信じる音楽はこれだ!となり、以降に聴く音楽は完全にメタルへシフトしました。


要するに人生狂わされましたwww


それほどの魔力があったのです、Rhapsodyは。

特に好きなのは、シンガーであるファビオ・リオーネでしょう。
個人的には「宇宙一好きなシンガー」です。
これ以上の人はいません。

僕はメタルは「聴いた後に戦う為の明日への勇気を貰える音楽」という絶対的な条件があります。
戦うってのは、まあ何でもいいです。
現代社会においては会社での労働も戦いでしょうw
(余談ですが、そういった条件から外れているメタルは好きではないです。陰鬱なゴシック、怒りや破壊衝動が強く出すぎているデス、享楽的なLAメタル等)

そしてファビオの声は、上記の条件に完全にマッチしているのです。
勇壮・強さ・気品・野蛮・優しさといった、漢(オトコ)に必要な全ての条件を持ち合わせています。


まさしく、全世界のメタルウォーリアーを統べる王者の声です。


そんなファビオが、彼の声を完全に活かしきった初期Rhapsodyの猛者と共に帰還する。


王の凱旋!


これが燃えずにいられよか!


集え、鋼の戦士達!


という、まあ若干イカれた感じで王の下に馳せ参じました。
ツアーは東名阪であり、東京も名古屋も多くの戦士が集ったようです。めでたい。

ライブは初っ端から、我らが聖剣「Emerald Sword」から始まるという鬼畜っぷり。
この曲は最初っから最後まで歌いっぱなしの曲なのです。
僕のように歌の訓練をしていない人間は、一撃で喉が死にます。

ん?それ知ってるけど、そんな曲じゃないぞ?


リフも歌メロもストリングスもソロも全部歌うの、この曲は!


なお、ライブ後に再会した孤高のハイトーンシンガー(要するに知り合いw)は、これで喉が温まったといっておりましたwww 流石www

その後もセットリストは俺たちが愛したRhapsody、つまり「Of Fire」ではない、あのRhapsodyの名曲を連発。
というわけで、ほとんどずっと歌ってました。

無論、会場全体がな!

王達(Rhapsody)の歌とギターとベースとドラムにずっとやられっぱなしでした。
しかも、会場は梅田クアトロ。
音が抜群に良い会場で、耳栓いらず!
このテのスケールを感じさせる音楽は耳栓をすると、哀しいかな魅力半減する事も多いのです。

それすらも無く、今宵200%Rhapsody!!!

最高!本当に最高!
最後のHoly Thunderforceまで退屈な時間など、1秒たりともありませんでした。

MCのちょっとしたユーモアも面白かったです。
「どりーむかすと!(ゲーム機のドリキャスのことな)」のとこが、今日のピークwww


ところで、このRhapsody最大の魅力は「ヘヴィメタルである事」だと思っています。
そして、この部分は数多いるフォロワーとの絶対的な差となり、彼らを孤高の存在たらしめているのだと思うのです。

おいおい、元々メタルバンドじゃないか、何言うてんの?と思う人もいるでしょう。

どういう事かと言うと、こういったシンフォニックメタルバンドは、「メタル要素」と「シンフォニック要素」が同居しているからそう呼ばれます。
大抵の場合、メタルバンドの上にかっこいいからシンフォニック要素を足し、シンフォニックメタルと呼ばれるようになります。

つまり、スタートはメタルバンドである事が多いのです。
そして、時々起こるのが「経験による音楽的成熟によって起こるメタルとシンフォの逆転現象」です。

音楽を作り続け理論に精通してくると、メタルの範疇を超えたより複雑な音楽を作り始め、結果として軸足がシンフォニックに寄ってしまうのです。
こうなると、音楽としては高度で複雑になるのですが、メタルが持つ原始的な力強さやカタルシスが失われる事も多いのです。

つか、そんなよーけ見た。

メタルを土台にシンフォを乗せているか
シンフォを土台にメタルを乗せているか

たったこれだけの事なのに、この配分が大きく変わると、音楽そのものが大きく変わり、下手すると魅力が無くなる。

Rhapsodyも時期によってそのバランスが違うのですが、自分がハマった1stや2ndはバランスが最高だったと感じていました。
3rd辺りからその比重が変わり始め、新しい物語へ移行した頃には「フィルムスコアメタル」なる呼び文句が生まれ、メタルの比重が随分軽くなっていました。

まさしく「経験による音楽的成熟によって起こるメタルとシンフォの逆転現象」ですね。


しかし、Rhapsodyはライブでは完全にメタルバンドなのである。


このテのバンドの衣装は、大体大袈裟なジャケットやシャツ、女性ならドレスが多いのだが、Rhapsodyにはそういった装飾は無く、トップスはTシャツ、ボトムはジーパンといったシンプルさ。
これは知り合いが言っていた「最初はManowarのトリビュートバンド」という所に起因するものだろうし、それが彼らの「俺達はヘヴィメタルバンド」というプライドでもあるのだと思います。

また初期の楽曲は、シンフォ要素過多とはいえ、土台は完全なるメタル。
それは自分のバンドやセッションでカヴァーを何回もしたから断言できる。

メンバーの確執やレーベルトラブル等、Rhapsodyも他のバンドと同じように音楽業界お決まりのトラブルに見舞われ、それでも20年間やってきて、そして本日の20th Anniversary Farewell Japan Tour。


彼らは変わらぬ出で立ちで、容赦の無い徹底したメタルを見せてくれた。


彼らも自分も歳をとったけど、結局は2002年のあの伝説の初来日公演と何も変わっていなかった。


もう見れない可能性が高いけど、まあミュージシャンの「フェアウェル」とか「引退」という言葉ほど、あてにならない物も中々無い。
だから、またルカやファビオが一緒にやる事を、諦めず気長に待つ事にしましょうw

ひとまず、今回の王達の帰還に感謝したい。



ありがとう、Rhapsody。
                 
        

雨のライブ参戦。

2017/ 10/ 23
                 
革ジャン

昨日は中々酷い雨(つか台風w)でした。

整理番号もらって一時間ぐらい並んだのかな?
他に並んで人もいたんだけど、雨よけの装備が傘のみって人も結構いて。
Loud Parkに3年連続参戦し、全て雨を食らっている俺の装備をちょっと紹介したいと思います。
参考になれば幸い。

あ、写真は活躍してくれた自分の革ジャンです。
ファイアパターンは自分で塗りました。

■ボトム
おそらくジーパンが最も多いと思われます。
実はあんまりオススメできません。
何故かというと水を吸うと重くなるし、乾きにくい。
個人的にはカーゴパンツがオススメです。
生地が薄いものなら乾きやすいし、ポケットも沢山あるので、
上手く活用できれば身軽になります。

■靴
晴れの日ならスニーカーがベストなんですが、雨の日だとぐっしょりになりますね。
スニーカーでもコンバースみたいなやつだと、クッションもあまりないので足も疲れます。
自分の最近のお気に入りは、コンバットブーツです。
ミリタリーショップでレプリカが安く売っています。(5~7千円ぐらい)
もともとサバゲーなんかで使われているようで、悪路もなんのそのです。
そしてレプリカなら本物より軽いし、耐久性に優れています。
大和川が氾濫するような大雨の関西でしたが、僕は帰宅後に靴の中は触ったら、湿ってるのがわかるぐらいしか浸水しませんでした。

■トップス
上着は風を通さず、水を弾けると最高ですが、なかなかそんな素材は(笑)
正直、ここはこれといった物がないですが、自分はフェイクレザーの革ジャンをよく着ます。
安いので、傷んでも特に問題ない。
しまむらさんによくお世話になっております。
本革はやめましょう。
傷んだら泣きそうになりますよ(笑)
パーカーやジャージもいいですね。
細い人は腰に巻けますし、やりようによってはお洒落かも(僕は太いのでお洒落になりません(泣))。

あ、中はもちろんメタTです。
自分が忠誠を誓うアーティストの物を着ましょう。

■雨よけ
傘ですが、折りたたみの物を使うとライブ本番でビニール袋に放り込んで鞄に突っ込めるので便利です。
折りたたみじゃないと中に入ってからの管理がちょっと大変ですよね。
「でも、長い方が大きいじゃないか」という人もいるでしょう。

そこに合羽を併用するのです。

合羽の利点は濡れないという他にもうひとつあります。
ウインドブレーカー代わりになるのです。

雨って、実は濡れるだけならそこまで体力を消費しないんです。
学生の頃、雨の中でサッカーとかしててもそんなに辛くなかってでしょ?

でも、そこから風にあたり体温が下がると急激に体力が奪われる。
ここが問題なんですね。
合羽は風を通さないので保温性が高く、仮に下が薄着でも案外暖かいのです。


上記が自分のオススメ装備です。
このセットで上半身はほぼ無傷ですし、下半身はコンバットブーツで足元安心、薄手のカーゴパンツなら会場入りしちゃえば案外すぐ乾きます。
合羽が足元まであるやつなら完全無敵といえるでしょう。

さあ、これで快適な雨のライブライフを送りましょう。
                 
        

Loud Park 2017 第二弾アーティスト発表

2017/ 06/ 16
                 
loudpark2017-2nd.jpg


第一弾発表より二ヶ月。
これほどまでに発表に間が空く大型フェスがあるのだろうか?(笑)

Loud Park 2017
10月14日・15日
さいたまスーパーアリーナ

Michael Schenker Fest
Emperor ← NEW!!!
Alice Cooper
Anthem
Apocalyptica
Beyond The Black
Brujeria
Cradle Of Filth
Devin Townsend Project
Loudness
Meshuggah ← NEW!!!
Opeth
Overkill
Sabaton
Winger

追加は2組。
闇の皇帝とポリリズムの邪神でした。

いやー、しかし今年は日本人好みじゃないですね。
大丈夫か、ラウパ?

単独ツアーではRhapsodyやKreatorなんかが来るのになー。
そういうのをラウパのような大きいステージで観たかったよ。

とりあえず、もうひとつのヘッドライナーは何だろうか?
HelloweenのPumpkins Unitedが来てくれると超嬉しいし、ヘッドライナーでもイケるでしょ?

ちなみに、二日券は購入したし、3月の時点でホテルは押さえてる。
あとは交通手段と休みをとるだけ。
これの為に、普段は多少無理なシフトでも働いているんや。
有給、とるでー。
                 
        

Dragon Force - (2017) Reaching Into Infinity

2017/ 05/ 31
                 
Dragon Force - Reaching Into Infinity


メロスパーならば知らぬ者はいないであろう、超エクストリームなメロスピを体現するDragon Forceの2017年の最新作。

実はワタクシ、Dragon Forceにはこれっぽちも興味がありませんでした。
というのは、メロスパーを自覚していた頃に1st「Valley Of The Damned」から3rd「Inhuman Rampage」までリアルタイムで聴いていました。

その結果として、全く琴線に触れなかったのです。
それが何故なのか?というのは、この最新作を聴いて何となく理由がわかりました。

1stから3rdまでのDragon Forceの印象は、ド派手でエクストリームなメロスピというものでした。
元々、速い曲好きだったんですが、このバンドは自分にとって速すぎました。
それは疾走感を感じさせないぐらいのテンポであり、それはデスメタルやブラックメタルの領域まで踏み込んでいました。

しかし、速さを究極まで突き詰めるこのバンドにも、シンガー交代という転機に大きな変化が訪れます。

交代直後の作品では、これまで「エクストリームな疾走曲」と「バラード」という2系統の曲しかない不文律を破り、様々なスタイルの楽曲を収録するようになりました。
もちろん、旧来の作風の楽曲も収録しながらです。

そうなってからの3作目が本作です。

元々聴いてみようと思ったのは、日本のR&Rバンド「Ziggy」の大ヒット曲である「Gloria」がカヴァーされると発表されたからです。
Ziggyは大好きなバンドなので、正直それ目当てでした(笑)

そして、聴いてみて驚きました。
今までと違う!

イントロから導かれる事実上の1曲目である「Ashes Of The Dawn」は勇壮なメロディがイントロに配されたパワーメタルナンバーであり、過去のエクストリームな速さではなく、力強い疾走を感じさせるナンバーで、今までの印象とは全く違う。
シンセも近年既にひとつのジャンルとして定着した「シンフォメタル」を感じさせるスケール感を感じさせるアレンジを施してあり、かつての「めまぐるしいハチャメチャな疾走感」を感じさせない成熟したバンドの姿を見せてくれています。

ま、それでもそこいらのバンドに比べれば充分速いんですが(笑)

もちろん、「Judgement Day」「Astral Empire」「Midnight Madness」「Land Of Shattered Dreams」辺りは、旧来のドラフォスタイルというべき曲調です。

ですが、個人的にはやはり「今までと違う」と感じた「Ashes Of The Dawn」「Curse Of Darkness」「Our Final Stand」「Hatred And Revenge」辺りが気に入りました。
彼らなりのスラッシュ「War!」もいいですね。

で、なぜ昔の印象と随分変わっているのか?

それは、おそらくギターソロだと思います。

デビュー時は「様式美」「構築美」という言葉とは程遠い、ド派手な俗に言う「フラッシー」なギターソロが多かったように感じます。
しかし、今作の自分が気に入ったソロは、派手さメインのフレーズもありますが、それなりに展開を考えて作られているように感じます。
個人的にはそういう「メロディアス」「クサい」「構築美」と形容されるフレージングの方が圧倒的に好きですし、印象に残ります。

しかも、元々の作曲能力は群を抜いて高いバンドです。
テンポを落とす事により、聴かせどころが分かり易くなったと思うし、印象的なフレーズがキャッチーさを倍増させていると思います。

まさか、今こんなバンドになっているとは思いませんでした。
本当に食わず嫌いはいけませんね。
とりあえず、シンガーが変わってからのアルバム2枚も聴いてみようと思います。

あ、Gloriaも良いですよ。
原型、全くありませんが(笑)